>>無料体験ミニセッションは、こちらから!!
習慣

【習慣】良い行動習慣が良い結果を引き寄せる

tom life coaching習慣

 

良い習慣

こんにちは、ライフコーチのTOMです。

今回は、「良い行動習慣が良い結果を引き寄せる」ということについて
皆さんにお伝えしたいと思います。

いまでこそ、ほぼ5時に毎日起床し、朝からこのブログを書いた
運動をしたり、読書をしたりとアクティブな生活を送ってますが、これは
才能でも何でもなくて、「良い行動習慣」の賜物です。

習慣を意識する前までは、出社ぎりぎりまでベッドで寝て、慌てて会社に
出社するという生活を繰り返す典型的なダメダメサラリーマンでした。

そこで今回は、私がどのように、良い行動習慣を身につけることにより
人生の好循環を生むことができるのかを解説します!

1日のスタートを意識する

1日のスタートをどのように始めるかはとても大切です。

こちらの図は「良い決断(GOOD CHOICE)」を積み重ねた場合は、
「良い1日(GOOD DAY)」になりますし、逆に、「悪い決断(BAD CHOICE)」
を重ねた場合は、「悪い1日(BAD DAY)」になるのです。

ポイントは、いかにスタート時点で、「良い決断(GOOD CHOICE)」を下す
ことができるかに尽きます。

最初に良い決断さえ下すことができれば、その後は良い決断を積みやすくなるのです。

例えば、私の場合はこんな感じです。

朝5時起床→歯磨き→腹筋→ストレッチ→ブログ作成→読書→・・・

スタートを気持ちよく切ることができれば、その後の1日の行動も良い気分で
続けて行うことができるのです。

引用元:“ATOMIC HABIT/JAMESE CLEAR”

負の連鎖を断ち切るためにはまず、「意識」すること

とはいえ、毎日朝5時に起床できるとは限りません。
前日まで残業が長く続いたり、なんとなく疲れていて通常より一時間以上プラスで寝て
しまうことだってあるでしょう。

そんなときにぜひ意識してほしいのは、「ダメだ。。。」と自分を責めるのではなく、
ぜひダメな選択をしたと気づいたその瞬間に
さぁ、良い選択をするぞ!」と瞬時に切り替えていくことです。

「負の連鎖」を断ち切るためには、まず自分が「気づき」そして、意図的に良い選択
を次の瞬間から選択することが大切なのです。

朝早く起きれなかったからといって、例えばグダグダとネットサーフィンするのではなく、
ぱっと頭を切り替えて部屋の掃除をするとか良い選択を積むようにしてください。

そうすると、次も良い選択をしやすくなります。

「好循環」を生むためのプロセス

ステップ1

まずは、地味ですが起床してからの一時間くらいで良いので、すべての行動を
記録にとってみてください。(とりあえず1週間分)

そして、それらの選択が「良い決断(GOOD CHOICE)」なのか?
もしくは「悪い決断(BAD CHOICE)」なのかをラベリングしていきます。

最初は多変な作業だと思いますが、このように無意識で決断し、行動している
私たちの行動を書き出すことで、自分を俯瞰して見ることが出来るようになる
のです。

起床(良い習慣)→ネットサーフィン(悪い習慣)→歯磨き(良い習慣)→体重測定(良い習慣)→筋トレ(良い習慣)→瞑想(良い習慣)→なんとなくTVを見る(悪い習慣)→・・・
ステップ2

ステップ1で記載した1週間分の行為の中から、「悪い決断(BAD CHOICE)」をピックアップします。例えば、「ネットサーフィン」や「なんとなくTVを見る」という行為
が出たとします。

すると今度はこれらの「悪い決断(BAD CHOICE)」を辞めると決心してください。
そして、翌週またステップ1を繰り返してみてください。

こうすることで、徐々に「良い決断(GOOD CHOICE)」なのか?
もしくは「悪い決断(BAD CHOICE)」が自分の中ではっきりと明確になってきます。

ステップ3

ステップ2を一ヶ月繰り返してみることで、無意識で何となく繰り返してやっていることが、
だんたんとはっきりとしてくるはずです。

潜在→意識

へ変えることで、具体的にどんな決断が良くて、悪いのか
わかってくるのです。

最初は、面倒だと思いますが、ぜひこのプロセスを飛ばすことなく
騙されたと思って続けてみることをとてもオススメします!

まとめ

いかがだったでしょうか?
私たちの行動の90%以上は実は、「無意識」で行われていると言われています。

無意識の高度を治すには第一優先的に行うべきことは、「意識」することです。
「無意識」な状態→書き出して「顕在化」・「意識化」→「無意識」

という状態です。

地味なプロセスかもしれませんが、日々の積み重ねこそが成功の一番の近道だと
私は信じています。

日々の努力が実るためにも少しずつでもいいから出来ることを続けていきましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました