>>無料体験ミニセッションは、こちらから!!
習慣

習慣を無理なく身につけるシンプルな方法

習慣

こんにちは、ライフコーチのTomです。

2021年も残すところあと数日。みなさんにとって2021年はどのような年だったでしょうか?
2022年を最高のスタートで切れるようにぜひこのお話を聞いていただき、良いなぁ、
と思ったらぜひ取り入れてください!

今回はだれでもできる簡単な習慣のつけ方を「早起き」を例にお伝えできればと思います。
早起きの習慣が身につけることができず困っている人はとくに必見です。

習慣化は難しい?!それとも簡単?!

習慣化することって簡単でしょうか?それとも難しいでしょうか?
これは程度の問題はあるものの、多くの人は「難しい」と感じているようです。

以前、習慣力協会の立ち上げ・運営メンバーとして、習慣を身に付けたい人とお話をする機会がありました。色々な理由があって、習慣化できないようでした。
私が最近たどり着いた結論としては、

「人間は飽きてしまうから」だと思います。

同じことを繰り返し繰り返しやることが、どっかで飽きてしまう。
こんなこと繰り返して何になるのかな?そういう疑問が湧いてきてしまうようです。

だから、いまこのブログを読んでくれている読者の方が習慣化に挫折していたとしても、
それはむしろ「当たり前」だと捉えてください。焦る必要はありません。

ただ、習慣化のコツを教わったことがなかったら、これまでは難しいかっただけです。
自転車を乗るのと同じように一度コツを掴んでしまえば、難しいことではありません。

たった二つ?早起き習慣の極意

では、本題に入ります。

具体的に私がどのように早起きの習慣をみにつけることがきたのか?
そのメソッドをお教えします。
ぜひ、良いと思ったら取り入れてみてください。

なお、はじめてお伝えしておきますが、絶対な正解というのは存在しないと思います。
人によって合う合わないがあることをご了承ください。

起床後すぐに手帳に起床時間を書き込む
手帳に毎朝起きる時間を書き込む。

早起きのコツはたったこれだけです。
毎朝何時に起きたかを書くようにしてください。

いつ書くのか?
起きたらまず手帳を開き、起床時間を書いてください。
できれば、1ヵ月間の起床時間が一目でわかるように見開きの手帳を使うことをお勧めします。

ではなぜ手帳に書くことで、早起きの習慣ができるのでしょうか?

それは、小さな達成感を得ることができるから。

人間は、小さな事でも何か達成できれば気持ちが上がります。
そうすると続けたいと言う気持ちが自然と湧いてきます。

この作業でのポイントとしては、わずか5秒で終わることです。
それくらいハードルを下げているため、習慣化することができます。

もしもこれが起床後に毎日ブログを書くなどという習慣をやるとなるとハードルが高すぎて、
おそらく3日も続かないでしょう(書くことが好きで好きでたまらない人は例外でしょうが・・・)

人間は、私たちが思ってる以上にめんどくさいことが嫌いなのです。
なので、手帳に起床時間を書くと言うハードルの低さが続けるコツです。

めざましを別の部屋に設置する

いやいや、そもそもの問題は起きることができないんだよ。
特に冬になると日が昇るのも遅いし、何といっても布団の中はあったかくて気持ち。

もちろんこれに関しても私のメソッドをお教えしましょう。

私が毎朝決まった時間に起床できるようになるコツ、
それは目覚ましを寝ている部屋とは別の部屋に置く。

たったこれだけです。その効果は抜群です。

人間は、起き上がり体動かすことで、目が覚めます。
ベッドにスマホ持っていって、そのスマホのアラームが鳴った時多くの人は、
そのアラームを即座に消してまた眠りに入るのじゃないでしょうか?

一度騙されたと思ってやってみてください。
この方法はとりわけ、家族と一緒に寝ている場合などは効果てきめんです。
なぜなら、うるさいアラーム音を聞きながら無視すると言う事は家族にとても迷惑をかけてしまうからです。私の場合妻と二人で寝ているので、とくに効果が高いです。

私はこの方法をやってから、ほとんど二度寝することがなくなりました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、以下の二つを試すだけで早起きの習慣が無理なく身につけることができる方法について
お伝えしました!

  •  手帳に起床時間を書き込む
  •  アラームを寝ている部屋とは別の部屋に置く

なお、この「手帳に書き込む」は決して早起きだけに適用できるものではなく、
様々なものに活用することができます。

例えば、毎日の体重を手帳に書き込むことも体重維持やダイエットに抜群の効果があります。
自分が今どういう体重になるのか?
現在地を毎日知ることで、自分を客観視することができ、
もし増加傾向にあるのであれば食事量を減らす、運動を増やすなどの対策が取れます。

継続は力なりです。以前

『複利で伸びる1つの習慣』

でお伝えした通り、

毎日1%の努力を続けるだけで365日後の1年後には37.8倍の効果を得ることができます。

ぜひ毎日の良い習慣を積み上げて、理想の人生を創り上げていってください。

それでは今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
お役に立てたのであれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました