>>無料体験ミニセッションは、こちらから!!
ライフハック

コロナ禍で乱れた集中力を高めるシンプルな方法を教えます

stay-at-home_tom life coachingライフハック

こんにちは、ライフコーチのTOMです。

今回の記事は、コロナ禍で乱れた集中力を高めるシンプルな方法をお伝えします!

コロナで在宅を余儀なくされ、仕事もプライベートもゆるゆるになってしまった人
にとっても役立つ情報をお伝えします!ぜひ最後まで読んでいただけますと幸いです。

コロナ禍だからこそ直面する日々の過ごし方の悩み

ネットサーフィン_Tom life coaching

「「これをしよう!」と思い立つもののネットサーフィンをしたり、
Netflixやアマプラを見たりとだらだらすごしてしまう」

「予定が全く入っていない週末とりわけ顕著で、1日の終わりに何も成果を生み出していない」
「読書をしようと思ってもスマホ通知が来たらその都度集中力が切れてしまい、30分も読めない」

ただえさえ、コロナ禍で外出する機会が減っており、家で過ごす方も増えていれば
一度や二度、こんな悩みを持たれている人も多いと思います。

実際、私も今回お伝えする「秘策」を実行するまでは、コロナが始まった昨年から
ほぼ一年このように思い悩む期間が続いていました。

もし、あなたがこのような悩みを持っているのであれば、ぜひこの先読み進めてみてください。

ちなみに元ネタをばらすと、この方法は「時間大全」という本に書いてあります。
ぜひ、本ブログと合わせて、この本を読んでいただくことをお勧めします!
英語学習をしている方、英語でも問題ないと言う方は、オリジナルの”MAKE TIME”を
読んでみてください。

この時間術を使うことで、私が実際に得られた数々のメリット

私はこの「秘策」を実践することで、次のような恩恵(ベネフィット)を受けることができました。

・「今日はこれを達成した!」とはっきりと達成感を感じることができるようになった。
・仕事/プライベートどちらとも充実した時間を過ごすことが出来るようになった。
・毎日、自分の成長を確実に感じることが出来るようになった。
・早起きは出来るけど、二度寝をして結局意味がないということがほとんどなくなった。

もちろん、これはあくまでも私のケースなので、全ての方が同じ効果をえることができるとは限りませんが、少なくともこれまで色々と週末の過ごし方に関して、悩んできた人にとっては一度は試してみる価値は十分にあると考えておりますので、ぜひやってみてください。

時間術のStep1〜Step3

Time management_Tom Life Coaching

Step1:Plan作成ー前日の夜/当日の朝一にその日の1日の過ごし方を記載

前提:A4の紙を横にして横に四枚折りにします。

一番左側にまずその日の「アクション」・「実施時間」・「所要時間」の3つを書き出します。

平日の場合は、私みたいにサラリーマンをやっている方は始業以降は基本的に会社のスケジュールに沿ってうごくため、ここでは朝の過ごし方にとくにフォーカスしていただいて構いません。

ちなみにこの予定を立てる作業は朝やっても夜やってもどちらでも構いませんが、私の場合は夜に出来る限り書き出して、翌朝足りないところを埋めるようにしています。そうすることで、網羅的に書き出すことが出来ます。

この際のポイントですが、作業内容だけではなく、細かい内容まで漏れなく記載することです。例えば、朝食の時間や休憩時間なども記載します。

一見すると、見過ごしがちですが、作業と作業との間の休憩時間もしっかりと記録に残すことが大切です。

そうすることで、「次に何をしようか?」と考える手間を省き、目の前のことに全集中できるのです。

Step2:Actualの記載ー実績をPlanの右側に記載

Plan通りにすべてスイスイと進むことはとりわけ最初のうちはほとんどありません。

だからこそ、自分の立てたプランと実際にとった行動のギャップを可視化することが大切です。
Planを立てたのと同じように、Actualにも行った「アクション」・「実施時間」・「所要時間」の3つを同様に記載します。

実際に私の場合はとくに最初の1週間ほどは予定通りすすむことはむしろ稀でした。
何よりも大きな気づきは、時間を短く見積もりすぎているということでした。

例えば、朝一で「Facebookメッセンジャーへの返信5分」と記載したのですが、実際には5分では終わらず気付いたら30分ちかく費やしてました。。

毎回繰り返しこの検証をすることで、だんだんと精度は上がってきた実感はあります。
自分の癖を知ることができるので、仕事の段取りなどもうまくなってきます。

Step3:Reviewの記載ー工夫した方が良い点や気づいた点を記載

Step2でギャップを記載した中で気づいた点をReviewの欄に箇条書きで良いので記載します。ここでは、とくに次回Planを立てる上で、気をつけるべき点や参考にすべき点を記載すると良いと思います。

私は必ず翌日のPlanを作成する際に、前日のこのReview欄に記載した内容を参照するようにしています。そうすることで、過去の失敗体験や教訓を生かすという癖をつけることができ、「昨日よりも一歩進んだ自分」に出会うことが出来る可能性が広がります。

あとは、このStep1〜3を繰り返すだけです!
まずはやってみてください!

まとめ

Tom Life Coaching Profile

いかがだったでしょうか?
方法としてはA4の紙とペンがあれば誰でも実践していただくことができる大変シンプルな方法ですよね?

キモは毎日少しずつてもいいから、自分にとって最善の時間の使い方はなにか?と言うことに関してストイックに追い求めることだと思います。自己理解に繋がる素晴らしい方法だと思いますので、ぜひみなさんもやってみてくださいね!

〜お知らせ〜

現在、30分間無料のオンラインセッションを提供中です。予約はとっても簡単です!
以下のURLよりお申し込みください。

無料体験ミニセッション - TOM SATO
こちらは、30分の無料体験ミニセッションになります。本申し込みいただく前に、しっかりとコーチングの目的や達成したいゴールをお互い確認できればと思います!なお、オンライン(Zoom)のみの実施となりますので、予めご了承ください。Hello! Thank you for applying 30 minutes free m...

「3ヶ月で激変!あなたの人生を変える習慣筋の鍛え方」をメルマガで配信しております。
ご興味ある方は、ぜひご登録ください!

佐藤友彦(TOM) 3ヶ月で激変!あなたの人生を変える習慣筋の鍛え方 - リザスト
プロコーチ|習慣力|キャリアコンサルタント|筋トレ ライフコーチ 佐藤友彦(TOM)

コメント

タイトルとURLをコピーしました